救急救命おさらい

2020.02.24 | Category: 未分類

みなさんこんにちは!芝浦治療院の関です。
先日、警察庁による、2019年の交通事故死者数に関する統計資料が発表されましたね。それによると、2019年の死者数は3215人。2018年の3532人と比較すると317人減少したそうです。一方、高齢者の死者数は減少しているものの、全体の5割以上を占めているようです。
近年問題となっているペダル踏み間違いによる事故など、高齢者が死亡事故を起こしやすい背景もあるとの事です。しかし実は、高齢者の状態別死者数は、自動車乗車中よりも歩行中の死亡事故の方が多い。今後は、歩道を広くするなどバリアフリー化が進んで行くようです。
法整備や道路環境整備が進み、自動車技術の進歩、救急救命技術の進歩などもあって死者数はさらに減少して行く事でしょう。そこで今日は救急救命の仕方についておさらいしましょう。
<心肺蘇生法>
(1)周囲の安全を確認する。
(2)傷病者に近づき、意識を確認する。
(3)傷病者に反応がなければ、大声で叫び応援を呼ぶ。
(4)119番通報およびAEDを現場に届けてもらうよう協力を求める。
(5)呼吸を見る。
(6)胸骨圧迫を30回。
(7)人工呼吸2回。
(人工呼吸を行うことができなければ省略可)
(8)胸骨圧迫30回。
心肺蘇生は救急車が到着するまで続けます。周囲に複数の人がいる場合は、交代で行ってください。
AEDの操作手順は、すべて機械が音声メッセージを出して案内しますので、音声メッセージのとおりに行えば、簡単に操作できます。
(1)電源を入れる。(ふたを開けると、自動的に電源が入るタイプのAEDもあります。)
(2)パッドを貼る。
パッドを貼る場所は、パッドに図で表示されているので、図のとおり傷病者に貼り付けましょう。
(3)コネクターを指定された場所に差し込む。
AEDが心電図を解析し、電気ショックが必要な場合は、自動的に充電します。
(4)放電ボタンを押す。
電気ショック実施後は、直ちに胸骨圧迫から心肺蘇生を再開してください。
各消防本部・消防署では、一般の方々向けの救命講習を実施しているそうです。ぜひ、お近くの消防本部・消防署の講習会に参加して、知識と技術を身につけましょう。

もし、交通事故にあわれてしまった際は、メディカル・ケアグループの治療院にお気軽にお越し下さい。メディカル・ケアの交通事故治療は国家資格を持った柔道整復師が行っています。メディカル・ケアグループでは患者様のお身体を少しでも早く回復できるように、勉強会を定期的に行い技術の向上に励んでいる治療のプロばかりです。安心してお越し下さい!

冬場の路面走行にご注意を!

2020.02.14 | Category: 未分類

こんにちは!

月島治療院の藤原です。

 

二月も中旬になり、花粉症の方の症状が徐々に出始めており春の足音が聞こえておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

ここ最近気温は上がってきていますが、日が落ちる朝晩の冷え込みはまだまだありますね、、、

 

季節により事故の発生件数には変動がありますが、やはりの時季に一番事故率が高くなるようです。

 

そんな事故が発生しやすい、冬場の高速道路などの路面を走行するにあたり、注意すべき事をご紹介します。

 

なぜ冬の道路は注意が必要なのか

冬の道路は場所や時間によって路面状況が変化します。その中でも特に注意するべきところを紹介します。

1、橋の上やトンネルの出入り口

橋の上やトンネルの出入り口などは他の場所よりも気温が低くなり、路面が滑りやすい危険な場所です。

こういった場所に差し掛かりそうな時は、手前で十分にスピードを落としておき、いつも以上に注意して走行してください

 

2、朝晩の時間帯

昼間は路面が濡れているだけの状態でも、夜になって気温が下がると滑りやすくなります。気温が下がる朝晩の走行は昼間とはまったく状況が違うと考え、十分に用心して走行して下さい

出発時は積雪が見られなくても、場所や時間などの条件が変われば路面状況も刻々と変化していきます。今は晴れているから、気温が低くないからと油断せず、路面の状態に注意しながら走行してください。

 

では、どんな事に注意すればいいのか

冬の高速道路の路面にはいくつかの種類があり、気をつけるべきポイントもそれぞれ違うようです。路面の状態を正しく把握して、状況に応じた運転を心がけると良いようです。

 

1、固まった雪やシャーベットに注意

積もった新雪が踏み固められて出来る「圧雪」路面は、冬用タイヤを装着していれば走行できますが、普通の路面より滑りやすいため注意が必要です。一方、比較的温度が高い時に雪が降った場合は圧雪にならず、水分を多く含んだシャーベット状の路面ができます。この場合はとけかけた雪にハンドルが取られて滑りやすくなるため、慎重な走行が必要になります。

 

2、路面が黒くても安心してはダメ!

さらに、雪がとけてその水分が再び凍ると、積雪路よりさらに滑りやすく危険な「アイスバーン」という凍結路が出来ます。なかでも最も注意すべきなのが、道路表面が凍って黒く見える「ブラックアイスバーン」。積雪や通常のアイスバーンの場合は路面が白く見えますが、ブラックアイスバーンの場合は単に路面が濡れているように見えるため、凍結に気付かないことが多いので非常に危険です。路面が黒く見えても決して安心せず、細心の注意を払ってください。

 

このように冬場の道路には危険が沢山あります!!!

スリップして起こしてしまうような事故は、死亡事故や大きなケガを伴ってしまうケースも稀ではありません。

冬場の道路を走行する際にはいつも以上に注意を払い、上記にある様な危険なエリアを事前に把握しながら運転してくださいね。

 

注意を払っていても起こってしまうのが事故です。

もしも事故でお怪我をしてしまったら、当院へご相談下さい。

 

 

交通事故による自律神経失調

2020.02.10 | Category: 未分類

こんにちは、青山外苑前治療院の小森です。

年が明け、早くも2月になりましたね。

新型肺炎も流行っていますが、インフルエンザや胃腸炎も流行していますので、気をつけてお過ごしください。

 

さて今回は、交通事故によるケガでよく認められる律神経失調症」についてお話しします。

まず自律神経とは脊髄から出ている神経で、自分の意志で動かしていないものを自律的にコントロールしている神経です。

例えば、食事の後に消化液が出ますが、自分の意識では出していませんよね?

そういった内臓の活動などをコントロールしている神経です。

自律神経を分類すると「交感神経(=興奮させる神経)「副交感院神経(=リラックスさせる神経)とに分けられます。

 

この交感神経と副交感神経が上手くバランスを保つことによって、私たちの身体は良い状態を維持しているのですが、交通事故でのムチ打ちを始め、このバランスが崩れると「イライラする」「眠れない」「気分が晴れない」「頭痛がする」など様々な症状を訴えることがあります。

これが自律神経失調症です。

 

この自律神経失調症は程度・個人差があり、放っておいてもなかなか治らないことが多いです。
交通事故による症状の場合はむち打ち等、原因となっている障害を取り除くことで症状を緩和することが期待できますので、お困りの方がいらっしゃいましたら是非一度ご相談下さい。

今年もメディカル・ケアグループをよろしくお願いいたします!

2020.01.26 | Category: 未分類

今年もよろしくお願いします。

年始から暖かい日が続いておりましたが、ここにきて初雪が降るなど
本格的に寒さが強くなってきましたね。
中国からの新型肺炎(コロナウイルス)など怖いニュースがありますね。
皆様くれぐれもお身体に気を付けて一年を乗り切っていきましょう!

昨年は我がメディカル・ケアグループの治療院に交通事故の自賠責保険で多くの患者様がご来院されました。本年も患者様よりご支持が頂けるようにスタッフ一同より一層尽力してまいりますので、昨年と同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

車の性能は向上しておりますが、交通事故はまだまだ発生しており、交通事故の施術ができる資格を持っている我々はお困りの患者様の一助になれるようみが引き締まる思いです。

スタッフ一同本年も精進してまいります。

本年もメディカルケア・グループを宜しくお願い致します。

自賠責保険料が2020年度に引 下がる見通しになりました

2019.12.21 | Category: 未分類

自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が2020年度に引下がる見通しになったそうです。料率が下がれば17年度4月以来3年ぶりで、下げ幅は1割前後で保険料は単純計算で約2千~3千円程度下がる予定だそうです。

 

自動ブレーキなど最近普及し始めた新しい安全装置の設置に伴い人身事故の減少を反映させているようです。

 

逆にその一方で、物的な損害の賠償や自賠責の限度額を超える補償を担う任意で加入する自動車保険は上がるらしいです。

 

自動ブレーキなどの安全装備の普及で車両の修理にかかる単価が上がっていることが背景にあるみたいです。

 

ドンドンAI化が進む事で人間による操作ミスが減り、安全運転が増えれば、交通事故件数も減ります。そうすれば交通事故で苦しんだり、悲しんだりする人が減ります。

 

しかし、まだまだ直ぐに交通事故が0になるわけではありません。

 

年末休みに入り、気が緩みやすい時期になります。

 

車を運転するドライバーさんは、安全運転を心掛けましょうね・・・。

 

不運にも交通事故に遭われた方は、お気軽にメディカル・ケアグループの治療院にご相談ください。

忘年会のシーズンの泥酔者に注意しましょう!

2019.12.14 | Category: 未分類

こんにちは。

大森駅前整骨院の佐々木です。

 

忘年会のシーズン真っ盛りで、これから飲酒の機会が増えてきますね。

先日、当院グループも全社で毎年恒例の忘年会を行ないました。

 

忘年会といえば飲酒運転に注意しなければいけないのは当然ですが、

酔って道路に寝ている人が交通事故に遭うケースが増えてきますので、

こちらの方にも注意してください。

 

夜間に車を運転している時、

まさか路上に泥酔した人が寝ているとは考えてはいませんので、

発見するのは非常に困難です。

 

また、ライトを下向きにしていると、

直前になるまで路上に寝ている人を発見出来ません。

 

深夜に繁華街などを走行する時には、

もしかしたら路上に泥酔者がいるかもしれないと考えておきましょう。

 

少しでもそうした意識があれば、何か黒い物体などを見つけた時点で、

何か変だなとスピードを落としたりすることが出来ますし、

避けることも可能になると思います。

 

また、忘年会に参加する方も、

あまり飲みすぎて路上に寝ることだけは絶対に避けてください。

 

それでは、みなさま良い年末をお過ごしください。

12月は事故に注意!!

2019.12.07 | Category: 未分類

 

こんにちは、芝浦治療院土屋です。

早くも12月に入りましたね。

2019年、あっという間でした。

 

これからはどんどん寒くなり体調を崩しやすくなります。

しっかり暖かくし体調を整え、今年の冬を元気に過ごせるようにしていきましょう。

 

 

さて、今回は12月の事故の特徴についてお伝えいたします。

警視庁の統計によると12月は一年の中で最も事故の多い月のようです。

その原因にはいくつか理由があります。

 

・交通量の増加

12月は外にでる人が多くなり、単純に交通量が増えてしまいます。

それに加えて仕事に追われ、人々も忙しくなっているので注意力が散漫し、事故が起きやすくなっているようです。

また、子供が冬休みになりイベントが増えるので子供を巻き込む事故が増えてしまいます。

 

・道路の凍結

道路の凍結は意外と地方だけではなく、都内でも起こるようです。

早朝や真夜中はもちろんのこと、以外にも橋は凍結しやすいようです。

橋は河川の上にあることが多く、空中に浮いています。

そのため冷たい風が吹き抜ける、地熱が伝わらない等

凍結しやすい環境にあるようです。

橋に差し掛かった瞬間にスリップすることもあるようなので、気を付けましょう。

 

・車内外の気温差

車内と車外に気温差が生じるとガラスの曇りが発生します。

曇りが原因で事故にあいそうになったことがある人は5人に1人もいるようです。

車内の空調調節や窓をすこそ開けるなどして、気を付けていきましょう。

 

 

 

以上が12月に多い事故の原因の一部です。

安全な運転を心がけ平和に年末を過ごしましょう!!

 

万が一交通事故に遭ってしまったら、オーダーメイド治療で実績のある、
メディカル・ケアグループにお任せ下さい。

自転車の事故にご注意を

2019.11.29 | Category: 未分類

こんにちは!月島治療院の関です。

だんだんと寒い日が増えてきて冬の足音が聞こえてきましたね。

 

この季節はお腹に脂肪がつきやすく、少しでも運動を始めようと考えていますが、効率よく身体を引き締めるにはどうしたら良いか?と考えてしまいます。ジムにしようか?ランニングにしようか?体幹トレーニングにしようか?

 

最近は通勤などでもサイクリングで運動不足を解消しようという方も多くなっていますよね。駅にもレンタサイクリングが多くなり、便利になりましたよね?

 

 

 

ただ、自動車での交通事故が減っているのに対し、自転車での事故はどんどん増えているようです。

スピードを出していて歩行者と激突したり、車道を走っていて車と接触してしまって大けがをしてしまうなど。

高額の賠償が発生した例も多いようです。

 

このように、健康や効率を求める裏にも人生を左右しかねない大きな事故も隣り合わせだということも頭に入れて、安全運転で走行して下さい。常に万が一を考え、時間にゆとりを持ち、焦らず運転していきましょう。

 

また、自動車保険に加入するか、自動車保険や火災保険にプラスして個人賠償責任保険を追加で加入すると良いと思います。

 

また、転倒や激突は軽い力でも後から後遺症を残すことがあります。必ず、事故にあわれた際は病院への受診をして下さい。後から、痛いと思っても治療が認められないということもあります。

月島治療院は12月29日まで営業しています。お困りの際はお電話にてお問い合わせ下さい。

 

月島治療院 関

交通事故のダメージについて

2019.11.26 | Category: 未分類

こんにちは、青山外苑前治療院の小森です。

今年は特に朝晩の冷え込みや気温の変化が大きく、一日の寒暖差が大きいですが、いかがお過ごしでしょうか。

体調を崩している患者様も多く見受けられますが、交通事故のケガもこういった季節は症状が出やすくなります。

普段、身体を痛めてもそんなに痛みが続くことは無いのに。とか、

思っていたよりも症状が取れづらい。何ておっしゃる方も多いです。

 

そこで今回は交通事故とスポーツなどで起こるケガとの違いをお話しします。

 

例外はありますが、スポーツ中のケガは自らの筋力の範疇であったり、目から入ってくる情報を通して負荷がかかる瞬間を自覚することが多く本能的に身構えるため、ダメージが比較的軽いことが多いです。

交通事故のケガの多くはいわゆる「不意打ち」によって起こります。

基本的に身構えることなく事故に遭い、車の衝突は軽自動車が30km/hでぶつかっても約2トンの衝撃が加わるため、身体に与えるダメージが予想以上に大きくなります。

そのため症状を訴える期間が長く結果として治療期間が長くなります。

関節の深い部分を痛めることも多くダメージが深く身体に残ることとなり、また気候の影響などを多く受けやすいため経過が不安定になりやすく後遺症の危険性が高いのです。

後遺症を最小限に抑えるためには速やかに施術を開始し、定期的に通院して治療することが大事になってきます。

 

現在、「どうせ変わらないから...」と治療をお休みしてしまっている方や、他の病院・整骨院に通われているが、あまり改善がみられない方、気になることがございましたら、当グループの各院に一度ご相談ください

スマホのながら運転が増えています!

2019.11.06 | Category: 未分類

こんにちは、千歳烏山治療院の山本です。

 

もう11月になり紅葉の季節になりましたね。

先月は晴天が4日しかなく秋晴れとは程遠い月でした。

体調を崩しす方も多かったと思います。今月は今のところ晴れの日が多くなっておりますので、そのまま続いて欲しいですね。

皆様体調には十分気を付けましょう!

 

 

さて最近の交通事故の原因で増えているのが「スマホのながら運転」です。

これは安全運転義務違反の中の一つに数えられます。

安全運転義務違反とは交通事故原因の約70%とともいわれています。

具体的には運転操作のミス、前方不注意、速度超過、そしてわき見運転です。

このわき見運転は景色を見るだけではなく、運転操作から目をそらすこと全ての行為ですので、

当然スマホを見る行為もわき見運転に入ります。

 

スマホのチラ見は平均で3秒かかると言われています。

時速40㎞で走行で3秒目を離すとその間に車は約33m進んでしまいます。

時速40㎞で走行だとブレーキで止まれる必要な距離が40mとされていますので

計算上73m以内は対処できないことになり、とっさのことにはほぼ対処できません。

運転中の携帯電使用は禁止されているのは上記のことがあるからです。

ゲームやカーナビ、SNSなど便利に使えるスマートフォンですが

皆様くれぐれもルールを守って運転しましょう。

 

交通事故のおケガのお問い合わせはメディカル・ケアグループへお任せください!

 

千歳烏山治療院
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-15-10 NT千歳烏山2階
TEL:03-5969-8777
URL:http://chitose-karasuyama.com/
インスタ:https://www.instagram.com/chitosekarasuyamachiryoin/
平 日:10:00~22:00
土・祝: 9:00~19:00
日 曜  休 診

 

 

初めての施術の流れ