ホーム > Blog記事一覧 > 2014 10月の記事一覧

症例紹介『ベネット骨折』

2014.10.31 | Category: 未分類

 

はじめまして。

大森駅前整骨院の柔道整復師をしております。佐々木です。
朝晩ずいぶんと寒くなってきましたね。
そろそろインフルエンザの流行る時期ですので皆様お体にお気をつけください。

 

今回、ご紹介するのは『ベネット骨折』です。
ベネット骨折と聞いてもピンと来る方は専門家ぐらいですが、交通事故では症例の多い骨折です。
正式名称は

「第1指中手骨基底部掌尺側(だい1しちゅうしゅこつきていぶしょうしゃくそく)の脱臼骨折」といい、

3041549[1]

長い名前ですが具体的にいうと、
交通事故で自転車、バイク、乗用車のハンドルを握ったまま衝突または転倒した際に、
握りこんだままの親指の付け根を打ちつけて親指の付け根を脱臼と骨折を同時に起こしてしまう症状です。

 

この骨折の厄介なところは、関節内骨折であることです。
関節内骨折は関節内に骨折が起こり、ズレが生じると関節面の不適合が起こります。
徒手整復(としゅせいふく)で元の位置に戻してもその状態を保持することが難しく、

骨がズレてしまい予後不良となりやすいです。

そのためしっかりとギプス固定を行い、

骨の位置が安定しない場合は鋼線(こうせん)または金属製のネジで固定する手術を行います。

適切な治療をせずに放っておくと、

脱臼を繰り返したり関節の変形を生じたり不安定感が残って痛みの原因となることもあります。

 

ベネット骨折は指の中で頻度の高い骨折です。
親指の付け根は日常でも物をつまんだり、握ったりなどの動作でよく使うところです。
なるべく早くに受診していただいて、適切な方法で治療を行い、しっかりと治していただきたいと思います。

 

メディカルケアではこのような骨折を伴う交通事故に対して、

レントゲン、手術が必要な場合は整形外科と連携をとり、

固定除去後の関節や筋肉のリハビリも含め対応してまいります。

お気軽にご相談ください。

弁護士費用特約ってご存知ですか?

2014.10.25 | Category: 未分類

こんにちは
芝浦整骨院の田母神です。

 

交通事故の患者様と多く接している日々の中で、
患者様ご自身が知らない情報がいくつか存在することがあります。

 

ここで申し上げる弁護士費用特約というものは
私たち整骨院とは特に関係あるものではありません。
患者様ご自身の任意保険の内容に関わるものだという事を
ご理解いただき、一情報として
お読みいただければと思います。

 

弁護士費用特約とは
例えば…
・ 停車中に追突
・ 乗っていたバスの急停車によるケガ‥
自動車に関わる被害事故に遭い、相手方に損害賠償請求を行う場合に生じる
弁護士費用や法律相談する場合の費用を負担する特約です。

例えば、
・提示した賠償額に納得がいかない
・相手方が賠償責任に応じない
・相手方と交渉が進まない
等の場合に、弁護士さんに交渉を依頼する時の費用を支払ってくれる保証です。

 

交通事故は、法律問題や、示談交渉など
一般の日常とはかけ離れた問題が生じてきます。

精神的な不安を伴っているなかで、
正しいのか、どうかという判断を考えることも
負担になってきます。

 

車に乗っている限り、事故と絶対に無縁ということは言えません。

ご自身の任意保険の内容を一度見直して、保険会社さんに相談してみるのもenlightened
良い機会かも知れません。

 

芝浦治療院は
皆さまの早期社会復帰にむけて
治療でのお力になれればと思います。
それでは、また

交通事故を起こした時は。

2014.10.14 | Category: 未分類

こんにちは、月島の中尾です。

朝夕の気温差が激しくなり、秋の訪れを感じる季節となりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか??
以前に交通事故や時間について考えましたが、今回は交通事故にあったらどうすればいいか??という事を考えていきたいと思います。
国土交通省によれば、
1警察へ届ける
 ・加害者からの報告は義務ですが、被害者が届けることも必要です。
   (特にケガを負った場合は『人身扱い』の届出が重要です。)
 ・また、仮渡金の請求などで必要となるため、出来るだけ早めに自動車安全運転センターから、
  交通事故証明書の交付を受けましょう。

交通事故
2相手を確認

・被害者の確認項目事項として以下の確認項目が必要です。

①加害者の住所、氏名、連絡先

②加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など

③加害車両の登録ナンバー

④勤務先と雇い主の、住所、氏名、連絡先

(業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけでなく雇い主も賠償責任を負う事もあります。)

correspondence_illust03

3目撃者を確保

・第三者のの意見は万が一、相手とのトラブルなった際などに効果がある為、通行人など交通事故の目撃者がいれば、その証言をメモしましょう。

 また、氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらえるように、お願しておきましょう。

correspondence_illust04

4自分でも記録

記憶が薄れる事がある為、出来るなら事故直後の記憶が鮮明なうちに現場の見取り図や事故の経過、写真などの記録を残しておく事も重要です。

記録は賠償交渉終了まで残しておけば安心でしょう。

correspondence_illust05

5医師の診断

 現場では気が動転している事もあり、軽症だと思っていても、時間が経つにつれケガが重かったという例もあります。速やかに医師の診断も受けまし ょう。

correspondence_illust06

まずはどんな交通事故であっても、あわてずに落ち着いて対応する事が大事です。

どんな些細な事でも分からない事があれば当グループにご相談下さい。

まずはお気軽にお電話下さい。

事故専門のスタッフが丁寧に誠実に対応いたします。

 

症例紹介 『チャンス骨折』

2014.10.05 | Category: 未分類

こんにちは!千歳烏山整骨院の山本です。

 

先日まで秋の全国交通安全運動が行われ、改めて社会全体で交通事故を起こさない努力が求められております。皆さんも安全運転を心がけましょう!

 

今回は『チャンス骨折』というのをご紹介いたします。

 

名前が特徴的ですが、1948年に『Chance』という方が症例報告を行ったのが由来です。
私が学生の時にクラスメートがこの骨折の名前を聞いて戸惑っているのを鮮明に覚えております。

 

主に後部座席で腰周りにベルトを巻くだけの『2点シートベルト』を装着した状態で衝突事故に合い、
背骨の後方から亀裂が入るものをチャンス骨折といいます。

 

追突や正面衝突などの事故で発生しやすく、衝突の強い衝撃でからだが前に飛ばされそうになりますが、腹部に巻きついているシートベルトがからだを固定しておりますので、瞬間的にからだが『くの字型』に折れ曲がり、ベルトを基点として背骨の前側は縮まる力、後方は伸びる力がそれぞれかかり発生します。
特徴的なのは、脊髄損傷が少ないが腹部にシートベルトの圧迫痕場合は内臓損傷が疑われるので注意が必要です。
また治療は軽度なものはコルセットやギプスで数週から数ヶ月の固定、重症は外科的処置が必要になります。
骨折が安定した後も患部痛みや筋緊張などの後遺症が多く発症します。

 

メディカルケアグループでは手技を中心とした、アプローチで血流を促して自然治癒力を高め、
患者様が一刻も早く日常生活に復帰できる様にサポート致します。

初めての施術の流れ