ホーム > Blog記事一覧 > 2016 6月の記事一覧

雨の日のスリップ事故

2016.06.16 | Category: 未分類

こんにちは。
大森駅前整骨院の佐々木です。

 

梅雨の時期ですが、体調は崩されていないでしょうか。

 

暑い日が続くうえに湿度の高い日が多いですね。
この時期は水分補給を疎かにしてしまいがちなので気を付けて下さい。

 

また梅雨のじめじめした時期にケガの痛みが強くなることがよくあります。
早めのメンテナンスを心掛けてください。

 

 

雨の日の交通事故で一番多いのは『スリップ事故』です。

その原因は

〇速度超過状態のままカーブに進入してしまった

〇追い越し時に急加速したら直線でもスリップしてしまった

〇水たまりに進入しただけでスリップしてしまった

〇マンホールの蓋を気にせず越えようとしていたらスリップしてしまった

といったケースが多いです。

 

さらに、雨の日の特徴として『視界悪化』が原因となる事故もそれに次いで多く

特に夜間は視界が悪いので歩行者や自転車などの認識が遅れがちです。

中には衝突するまで存在に気づかなかったというケースもあります。

 

車の『スリップ事故』の要因は様々ですが

車というのはブレーキを踏んだ瞬間に停車するものではなく

タイヤと路面との摩擦を利用して停車をするため

制動にはある程度の距離が必要となります。

路面が乾燥している時に比べて、雨で濡れている時は摩擦が小さくなり

停車までの距離が長くなります。

路面が濡れている時には

普段より早目にブレーキを踏むことが安全に繋がります。

 

またスリップ事故はスピードの出し過ぎも原因です。

水たまりの水や泥を跳ね上げて

歩行者や自転車にかけることのないよう配慮も必要になります。

雨の日はことさら減速して走るようにしましょう。

 

『視界悪化』を少しでも防ぐ為、車のガラスにくもり止めを用いたり

エアコンを上手く活用することも大切です。

車のガラスは外の気温と車内の気温差が大きく

それに加えて車内の湿度が高い場合にくもりやすくなってしまいます。

このような場合は、A/C(エアーコンディショナー)のスイッチをONにしたり

また、すぐにでも視界を良くしたい場合は

窓を空けて外気を取り込んだりすることも

ガラスのくもり止めには効果があります。

 

以上のことを注意しながら、雨が降った時の車の運転を心がけてください。

 

実際に、現在来院されている交通事故の患者様の中で

雨の日に事故に遭われた方もいらっしゃいます。

 

メディカルケア各院では

交通事故という突然のアクシデントに見舞われてしまった方に

交通事故後の治療、転院、複雑な保険のお手続きなどのご相談も

交通事故専門の施術者が承っております。

 

例え軽い事故だとしても

必ず警察に通報して病院や整骨院で治療しましょう。

後になり痛みが出ても

交通事故との関連性が無いと治療をするのが難しくなってしまいます。

 

もし、ご自身や大切なご家族、ご友人が交通事故に遭われてしまったら

メディカルケア各院までご連絡ください。

子供の交通事故

2016.06.10 | Category: 未分類

こんにちは。

月島治療院の飯野です。

先日梅雨入りが発表され、しばらく雨の日が続きます。

 

6月になり新生活にも慣れてくる時期だと思います。

この6月は子供の交通事故が一番多い時期とも言われています。

はじめは通学にも緊張感がでますが、慣れてくることで注意力が不足してきます。

特に小学生が一番多いといわれています。新しい友人ができ行動範囲も広がってきます。

 

子供の交通事故で多いのは①道路横断中 ②自宅付近 ③夕方の時間帯 と言われています。

道路横断中は標識の確認不足

自宅近くでの交通事故については安心感や気の緩みという可能性

夕方は下校中になり外も暗くなり始めます。

 

道路標識や通学路の確認をすることで防げる事故もあります。

交通量の多い道ではないか、道路は細い道ではないか、ちゃんと歩道はあるのか。

通学路を歩くことで認識もできることもあると思いますので、お子さんと一緒に歩いてみてはいかがでしょうか?

 

何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

 

交通事故が起きたらやるべき7つの対応

2016.06.03 | Category: 未分類

こんにちは!芝浦治療院の松本です。yes

6月に入りそろそろ梅雨の時期に差し掛かりますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

まだまだ寒暖差がありますので体調管理には十分お気を付けください。

今回お話をさせていただくのは、交通事故に遭った場合のやるべき7つの対応です。

万が一事故に遭いましたら是非参考にしてください!!

 

交通事故が起きたらやるべき7つの対応

1:けが人の救出

交通事故が起きたらけが人の確認と救助です。特に交通量の多い場所で交通事故が起きた場合には後続車両に轢かれてしまい二次災害とも呼べる事故が発生してしまう危険性が高くなります。この時、たとえ目立った外傷がなくとも、後から症状が出る場合もあるのです。そのため、大きな怪我をした人がいないように見えても救急車を呼んでおく方がベターと言えるでしょう。

 

2:警察への連絡

けが人の確認と救出が終わったら、次に警察へと連絡を入れましょう。けが人の速やかな救助と警察への連絡は交通事故が起きた場合の義務です。

 

3:事故現場の記録

交通事故にあったら警察とは別に、自分でも事故の現場を『記憶』し、証拠となる『記録』を残しておきましょう。重ねて、事故現場を確認しておくのが良いです。

 

4:相手の身元を確認する

警察に連絡し、事故現場へと移動してもらっている間に、事故に関しての情報を集めておきましょう。具体的には相手の身元と事故の状況を確認するのです。

 

5:目撃者の確保

相手の身元の確認ができたところで、周囲に目撃者がいた場合は証人として、同行してもらったり、連絡先を聞いておいたりしましょう。事件当事者と利害関係のない第三者の証人は警察や保険会社に信用されることが多いからです。

 6:保険会社に通知する

警察への連絡も終えたら保険会社にも連絡を入れるようにしましょう。示談交渉に入るのはムチ打ち症などの後遺症があることがわかり、様子の落ち着いた症状固定の状態になってからの方が良いですが、交通事故があったという事実は先に保険会社に伝えておかなければいざ交渉をといった時に足りない資料が出てくるなど後手後手に回ってしまいます。

 

7:医師の診断を受ける

 

目立った外傷がなくても、ムチ打ち症であったり、最悪脳内出血を起こしたりしてしまっている可能性もありえます。

 

参考になりましたでしょうか?万が一事故に遭われましたら是非芝浦治療院までご連絡ください!yes

初めての施術の流れ