ホーム > Blog記事一覧 > 2016 10月の記事一覧

自賠責保険の保証範囲について

2016.10.28 | Category: 未分類

こんにちは。
芝浦治療院の中島です。

最近、交通事故の患者さんから多くの質問を頂きます。
やはり皆さん、保険会社の方にはなかなか聞きづらい事があるようですね。

そこで今回は、「自賠責保険の保証範囲」について書きます❢

基本的には道路を走る全ての自動車と原動機付自転車は、自賠責保険に加入しなければなりません。
自賠責は被害者の方が最低限の補償が受けられるようにする為の保険です。

被害者救済が目的の保険ですので人身事故のみの補償となります。
物損事故についての補償等は一切ありません。
交通事故によって、あなたと相手方の車やバイク、自転車が壊れたとしても、その修理代金は支払われません。
また、交通事故による傷害に支払われる自賠責保険の限度額は120万円であり、
以下のものが含まれます。

1 治療費
2 交通費
4 休業損害
5 慰謝料
6 コルセットなどの医療資材

また、意外と知らない事ですが、主婦の方でも休業損害は請求できます。

お金の事でなかなか人に相談しづらいとは思いますが、しっかりとした治療を継続する為にも
きちんと対応をしていきましょう❢

異時共同不法行為とは

2016.10.24 | Category: 未分類

こんにちは。

月島治療院の石川です。

 

10月になり段々と朝晩の気温差が激しくなってきましたね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意して下さい。

 

今回は稀なケースではありますが「異時共同不法行為」についてお話ししたいと思います。

 

あまり聞きなれない言葉だとは思いますが、複数の加害者が時間差で関わってくることを異時共同不法行為と言います。

ますます分かりづらいので、どういう事かというと、交通事故で通院中にまた別の交通事故に巻き込まれた場合の事です。

 

ちなみに、一度目の交通事故が完治や症状固定になった後、二度目の交通事故に巻き込まれた場合には異時共同不法行為とは言いません。

 

通院中に交通事故にあわれた場合に、どうしたらいいか迷ってしまうと思います。

一回目と二回目で保険の扱いはどうなるのか、病院または整骨院は同じ所に通っていいのかなど、通常の交通事故よりややこしいことが多いです。

 

例えば現在、自賠責保険で病院や整骨院に通院しているとします。

そこで新たに交通事故に巻き込まれた時、負傷した部位が同じならば一回目の保険は中止となり後の方の自賠責保険を使用します。

負傷した部位が別の箇所なら、一回目の治療とは別に新たに負傷した部位を治療する事が出来ます。

 

また、異時共同不法行為が認められると、自賠責保険の限度額の最大120万円が2倍の240万円になります。

ただし、これは限度額であり賠償額が2倍になる訳ではないので、要注意です。

 

このように通常の交通事故よりも症状も手続きも難しい異時共同不法行為。

滅多にある事ではありませんが、万が一このような事態に巻き込まれた場合は、ご相談をお受けいたします。

 

 

 

 

 

 

 

関東で大規模停電が起きました!

2016.10.16 | Category: 未分類

こんにちは!千歳烏山整骨院の山本です。

 

10月半ばを過ぎかなり気温が下がって着ましたね!

くれぐれも風邪には気を付けましょう!

 

先日埼玉で起こった地下送電線火災によって大規模停電が発生しました。

被害は家屋59万戸や私鉄の他、中央官庁をはじめ都心のオフィス街の施設などにも被害が広がりました。そして道路も例外ではなく大きな幹線道路を含む広い範囲で信号が作動しなくなるトラブルが発生しました。停電が日中であったのがせめてもの救いで夜間に起こっていましたら大きな事故が発生していたかも知れません。当院に通院されている患者様が実際にその時車を運転していまして「かなり怖かった」と仰っておりました。現在の日本の交通網は近代化されており、交通ルールも徹底しておりますので不具合が起こった場合の対処は難しいかもしれません。

そこで今回は運転時に災害にあったときの対処法を紹介致したいと思います。

予想できない災害としては一番が『地震』です。近年関東には大きな地震が起こるとの予測が政府からも出ております。

 

国家公安委員会から告示されている『交通の方法に関する教則』に災害時における対処法がありますのでご照会致します。

大地震が発生した場合、運転者は次のような措置を採るようにしましよう。

 

(1) 車を運転中に大地震が発生したとき

 

ア 急ハンドル、急ブレーキを避けるなど、できるだけ安全な方法により道路の左側に停止させること。

 

イ 停止後は、カーラジオ等により地震情報や交通情報を聞き、その情報や周囲の状況に応じて行動すること。

 

ウ 引き続き車を運転するときは、道路の損壊、信号機の作動停止、道路上の障害物などに十分注意すること。

 

エ 車を置いて避難するときは、できるだけ道路外の場所に移動しておくこと。やむを得ず道路上に置いて避難するときは、道路の左側に寄せて駐車し、エンジンを止め、エンジンキーは付けたままとし、窓を閉め、ドアはロックしないこと。駐車するときは、避難する人の通行や災害応急対策の実施の妨げとなるような場所には駐車しないこと。

 

いかがでしたか?適切な対処を知ることで二次被害を防ぎましょう!

 

 

こういった災害でなくても交通事故は日々起こっております。交通事故に遭われて辛い思いをされていましたら、お気軽に当メディカル・ケアグループの各院へご相談下さい!

千歳烏山治療院
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-15-10 NT千歳烏山2階
TEL:03-5969-8777

URL:http://chitose-karasuyama.com/

患者様からのご質問 番外編

2016.10.04 | Category: 未分類

こんにちは。

新橋汐留整骨院の鎌田です。

 

長い秋雨が続き、朝晩の気温差によって身体を痛める方が連日当グループに来院されます。皆様くれぐれも体調管理の方ご注意くださいsmiley

 

昨年からこれまで「患者様からのご質問」コーナーで様々なご質問にお答えしてきました。しかし、このホームページをご覧になる方の中には最近または今回初めてこのページ行き着いた方もいらっしゃると思います。そんな方々に向けて今回はご紹介した中で特に反響の多かった質問を改めてご紹介したいと思います。

 

①保険会社に連絡する前に整骨院で治療をしてもらえますか?
A, 事前に保険会社から整骨院に連絡が来てない場合は、当グループでは一時的にお預かり金をいただいての治療が可能です。その後保険会社と連絡が取れ次第、患者様に返金させていただきます。

 

②以前の治療院は順番待ちが長い上に仕事が忙しくてあまり通院出来ませんでした。こちらは治療までにどれぐらい時間がかかりますか?

A, 当グループの治療は予約の患者様を優先としております。事前にご予約いただければ、来院後すぐにご案内が可能です。また、当グループの治療院は夜10時までの診療や日曜祝日もやっている店舗もございますので、詳細に関してはお問い合わせください。

 

③転院を希望したいのですが、治療を受けるにはどのような手続きが必要ですか?

A, 保険会社に当院へ転院の旨を伝えて治療院までお越しください。事前に保険会社側から治療院に転院の連絡が入ればよりスムーズに治療が受けられます。また、連絡前にお越しいただいても一時お預り金を頂戴して治療が受けられます。

 

いかがでしたか?

以前ブログにアップして問い合わせが多かったケースを今回取り上げました。

 

ご紹介した内容以外にも自賠責治療についての基本的な知識や少し難しい内容も過去の記事に記載しています。その他、他院の先生が紹介している記事にも有益な情報が載せてありますので参考にして頂ければ幸いです。

 

今後も患者さんの質問で気になったものを随時ご報告していきますので、よろしくお願い致します。

初めての施術の流れ