ホーム > Blog記事一覧 > 2018 1月の記事一覧

雪道を走行するその前に・・・

2018.01.15 | Category: 未分類

皆さん、こんにちは!!
大森駅前整骨院の近藤です。

日本各地いたるところで大雪による被害が報告されています。
幸いにもまだ東京で降雪はありませんが、
いつ大雪が降るかわからない状況で心配ですよね。

また、お車で雪国へ向かうにも、いつもと違った状況に
苦戦してしまう可能性も考えられます。

そこで今一度、自動車で雪国への ご旅行を楽しむ上での
基本知識を確認していきましょう。

まず、車のライトです。
ほとんどの車には、

「ヘッドライト」
「スモールランプ」
「フォグランプ」

の3種類のライトが装備されています。
そのライトのそれぞれの使い方を復習しましょう。

【1】ヘッドライト
ヘッドライトには、2種類の設定があります。
1つは、ハイビーム。走行ビームとも呼ばれており、
前方のおよそ100m先まで照らすことができます。
もう1つは、ロービーム。前方のおよそ40m先まで照らすことができます。

道路交通法等にも定められていますが、
ヘッドライトは対向車や前を走行するクルマがいない場合や
見通しの悪い場所では「ハイビーム」を使い、
すれ違いや前走車がいる場合は「ロービーム」に
切り替えて使うと定められています。

他の車の迷惑にならないよう、自分が運転しやすいように二つのモードを
うまく使い分けて運転しましょう。

余談ですが、走行中に濃霧に包まれて視界が不明瞭になることがあります。
良くハイビームで走行している車を見ることがありますが、
濃霧を走行する場合、ハイビームよりもロービームの方が見やすいです。
またこの後にも記述しますが、フォグランプを点灯することをお奨めいたします。

【2】スモールランプ
スモールランプは、車幅灯、クリアランスランプとも呼ばれています。
このライトは、停車中に自車の存在を周りに知らせるために使用するライトです。
スモールランプはヘッドライトと同じスイッチで切り替えができるので、
走行中に周りが薄暗くなった時に使うと思っている方もいるかもしれませんが、
その場合であってもヘッドライトを使う必要があります。

【3】フォグランプ
フォグランプは、前部霧灯(ぜんぶむとう)、補助前照灯と呼ばれており、
名前にあるように、霧の時に効果を発揮するライトです。
フォグランプはヘッドライトよりも下の位置に設置されているライトです。
霧の時は水蒸気に周囲が満たされている状態でライトの光が乱反射するため、
ハイビームのヘッドライトでは周囲に自車に気づいてもらえにくくなるだけでなく、
周りが見えにくくなってしまうことがあります。
フォグランプは下向きに点灯するライトのため、
霧の影響を受けにくい視界を向上させるライトと言えます。

それと先週中島先生がアップしてくれましたスタッドレスタイヤです。
以前に比べ、ご自分でスタッドレスタイヤを購入してお持ちの方も多くなってきましたが、
スタッドレスタイヤって実際どれくらい持つのでしょうか?

メーカーや使用状況、保存状態によってタイヤの寿命は千差万別ですが、
ポイントとしては「溝の深さ」「ゴムの柔らかさ」

溝の深さは「プラットホーム」と呼ばれる溝の出っ張りが表面に出てくることで、
寿命がわかります。

問題は硬さですが、これは硬度を測る機械を使っても、素人診断は難しいようです。
専門のスタッフに相談したほうが賢明だそうです。

 

年数が過ぎれば使用していなくてもゴムは硬化していきます。
溝がまだあるという前提条件のお話ですが、
硬化がある程度進んでも普通の雪道やシャーベット状の雪道は比較的問題ないようです。

しかし圧雪された雪道や、アイスバーンでは制動距離に大きな差が生まれるようです。
特にアイスバーンではその差が大きくなるので細心の注意が必要です。

ザックリではありますが、
スタッドレスタイヤの寿命は
・アイスバーン性能を考慮するなら2~3年
・アイスバーン性能を除外するなら5~6年
だそうです。

厳密には言えませんが、一つの判断基準として
お考えいただければと思います。
危険なタイヤで向かう場合のリスク管理をお願いいたします。
皆様の今後のご旅行がより安全で楽しいものになるよう願っております。

雪道をノーマルタイヤで走った場合はどうなるの?

2018.01.11 | Category: 未分類

皆さん、こんにちは❢
芝浦治療院の中島です。

さて、1月になり寒さも増し、東京でも降雪が観測されましたね。
私は前職で新潟県に7年程住んでいましたので、雪道にはだいぶ慣れています(その前は沖縄県に2年程・・・南国から雪国への転勤でした)
特に、タイヤが雪にはまった時の脱出など大得意でした❢

もちろんタイヤはスタッドレスです(北海道のタクシー運転手が選ぶNo1ブランド、ブリ○ック)を愛用していました。

ノーマルタイヤでの雪道走行は非常に危険です。ブレーキが効きにくくなり、スリップして事故を起こす可能性が高くなるからです。

ちなみに皆さん、知っていましたか?

そもそもノーマルタイヤでの雪道走行は道路交通法違反です。
道路交通法第71条六号に以下のような規定が有ります。

 

(運転者の遵守事項)
道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

公安委員会が定めている事項は、各都道府県の道路交通法施行細則に規定されています。その中で、雪道走行をする時はチェーンやスタッドレスタイヤ等を装着する事が遵守事項とされています。

なお、沖縄県の道路交通法施行細則には上記のような規定は存在しません。つまり、沖縄県では違反になりません。
気象観測が開始されてから今までで2回しか降雪が記録されていないので、上記のような規定は必要無いのでしょう。

 

以上の事から、積雪又は凍結して滑るおそれのある道路をノーマルタイヤで走行すると道路交通法違反になってしまいます。違反した場合は5万円以下の罰金(道路交通法第120条1項九号)となりますが、交通反則通告制度の対象なので6,000円の反則金を支払えば罰金刑に処される事は有りません。

ただし、ノーマルタイヤで雪道等を走行して人身事故を起こした場合は、上記のような軽い罰則では済みません。自動車運転死傷行為処罰法が適用され、過失運転致死傷罪で7年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられますので、絶対に雪道をノーマルタイヤで走るのは辞めましょう❢

 

万が一交通事故に遭ってしまったら、オーダーメイド治療で定評の有る、メディカル・ケアグループにお任せ下さい❢

ドライブレコーダーの重要性!!

2018.01.05 | Category: 未分類

皆さんこんにちは。

月島治療院の石川です。

 

新年も始まり当院も平常通りの診療となりました。

皆様の年末年始はいかがでしたか?

この時季は年末の疲れが一気に出てきて、思わぬところで不調をきたす事もありますので体調の変化には充分に注意して下さい。

 

さて、今回はドライブレコーダーの重要性について考えていきたいと思います。

 

東名高速での夫婦死亡事故や、悪質なドライバーによる交通事故の報道が相次ぐ中、ドライブレコーダーの売り上げが急速に伸びています。

 

・ドライブレコーダーとは?

自動車に搭載し走行中の状況を記録する車載カメラ装置の事であり、映像だけ記録するのではなく、時刻、スピード、ブレーキやウインカー操作等の状況を記録できるものも多く普及しています。

 

・ドライブレコーダーを活用するメリット

交通事故に遭った場合や起こしてしまった場合の記録が残るという事が最大のメリットです。事故後のトラブルで相手方と口論になった際の解決としても有効です。

 また、裁判になった場合にも証拠として裁判所に提出する事も可能です。

例えば、自身が救急搬送された場合に相手方の主張のみで事故調書が作成されてしまう場合がありますので、映像として残っていれば泣き寝入りすることなく自分の正当性を主張できます。

 

その他にも交通事故そのものではなく、記録された映像を見ることで、自身の運転を客観的に確認できるので、ヒヤリハット、交通事故を未然に防ぐ事にも一役買っています。

 

・ドライブレコーダーのデメリット

ドライブレコーダーは交通事故裁判で証拠として利用は可能ですが、ありのままを記録しますので、当然自分に不利な映像もしっかりと記録されますので、事故直後に警察へ提出するのは避けた方が良いでしょう。

 提出を求められた場合、拒否する事も出来ます。

また、デジタル記録ですので意図的な改ざんも可能であり場合によっては証拠能力が疑わしいと主張されてしまう可能性もあります。

 

以上の様にメリット、デメリットはありますが、悪質なドライバーや当たり屋などから自分の身を守る手段は一つでも多く持っておいた方が良いでしょう。

 

便利な道具は時として凶器にもなり得ます。一人一人が安全運転を意識し、交通事故の無い安心安全な世の中になる事を願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も新しい年を迎えました

2018.01.01 | Category: 未分類

新年明けましておめでとうございます。

謹んで新春のおよろこびを申し上げます

皆様に幸多き年であるように
心からお祈り申し上げます。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

当院は1月4日より、平常通り診療しております。
交通事故のお怪我でお悩みの方はご連絡下さい。

 

5日はまだお仕事もお休みの患者様もいらっしゃいましたが、
寒い中、多くの方にご来院いただき大変感謝しております。

 

年末もそうでしたが、

新年を迎えてからも引き続き急な痛みでのご来院が増えています。
交通事故の影響により急な症状の変化が現れた際は、
ぜひ、メディカル・ケアグループ各院にお気軽にご相談ください。
症状改善のために、最大限努力いたします。

 

2018年度も引き続き、少しでも地域の方々、
交通事故でお困りの方々のお力になれるよう
精進してまいります。

 

本年もメディカル・ケアグループ各院を宜しくお願いいたします。

 

初めての施術の流れ