ホーム > Blog記事一覧 > 2019 8月の記事一覧

台風(自然災害)による事故の補償について

2019.08.31 | Category: 未分類

こんにちは。

大森駅前整骨院の佐々木です。

最近は異常気象が続き、台風や大雨による被害が各地で相次いでいますね。

そこで、皆様の加入している自動車保険の補償について、確認して頂きたい事項があります。

 

 

1.台風によるお車の損害に備えるには自動車保険に車両保険をセットすることが必要です。

 

台風による災害が起こってしまった場合にお車の損害に備えたいのであれば、自動車保険に車両保険をセットする必要があります。車両保険には一般的な補償のタイプと、補償範囲を限定して保険料を抑えたタイプがあります。
どちらのタイプでも火災や洪水、台風等が原因の車両故障の場合に補償対象になるケースが大半です。しかし、同じ自然災害でも地震、噴火、津波による損害については車両保険に加入していても補償は受けられません。
また、車両保険では実際の損害に応じた修理金額から、免責金額(自己負担金額)を差し引いた金額を保険金としてお受け取り出来ます。もし、エンジンまで水や土砂に浸かってしまい修理不能となった場合や修理代が保険金額を超えた場合は全損となります。
全損になった場合は免責金額にかかわらず車両保険金額の全額をお受け取り出来ます。

 

 

2.台風による損害は「車両保険」でどこまで補償されるのか

一口に台風による損害といってもさまざまなケースが考えられます。ここでは具体的に台風によりお車が損害を受けた場合の「車両保険」の補償範囲を説明します。なお、一般的なケースの説明になりますので、詳細は保険会社にお問い合わせください。

 

◎台風による損害の具体例 車両保険の補償対象

 

a.台風によるご契約のお車の水没
台風による豪雨、洪水や高潮などにより、道路や駐車場が冠水し、ご契約のお車が水没した場合、車両保険の対象になります。

 

b.台風により他人の車と衝突し、ご契約のお車が損傷した場合
ご契約のお車が損傷した場合、車両保険の対象になります。
他人の車に損害を与えてしまった場合に補償する対物賠償保険は、台風による損害を補償対象外にしていることが一般的です。

 

c.台風による土砂災害でご契約のお車が損傷した場合
台風が原因の土砂災害により、ご契約のお車が損傷した場合、車両保険の対象になります。

 

d.台風による風で飛来した物がご契約のお車にぶつかった場合
台風接近時には強風や暴風により瓦や看板等の飛来物が飛んできて車にぶつかることがあります。このような場合、車両保険の対象になります。

 

 

3.「車両保険」をセットするべきかどうか

車両保険には一般的な補償のタイプと、補償範囲を限定したタイプがあります。台風による損害については、どちらのタイプでも保険金支払いの対象になるケースが大半です。
もし、台風による損害を受けて車両保険を使った場合には、翌年の自動車保険加入時の等級は1等級下がり事故有係数適用期間が1年加算され保険料が上がります。
しかし、台風等の自然災害によりお車に被害が発生しても国や自治体からの補償は基本的にありません。車両保険のセットについては、ご自身が必要と考える補償の有無、事故によって発生する修理費用、および車両保険を使用した際の翌年の保険料なども含めて、ご検討ください。

あおり運転に気をつけましょう!

2019.08.27 | Category: 未分類

こんにちは、芝浦治療院の土屋です。

 

8月は残り1週間もないですね。

みなさん夏休みはゆっくり出来ましたか?

仕事始めの疲れにはご注意下さい!

 

さて、ここ最近あおり運転のニュースで持ちきりでしたね。

あんなことが実際起こったら相当焦りますね。

被害者の方がかわいそうで仕方ありません。

 

今回はあおり運転に関する情報をお伝えしていきます。

最近よく聞くこの言葉は、2017年に起きたあおり運転によって

夫婦が亡くなってしまった事件をきっかけに、メディアでよく聞くようになったようです。

 

実際あおり運転をされた場合、どのように気を付けたら良いのでしょうか?

 

・まずはあおられないために、心にゆとりを持った運転をしましょう。

そのためには

1、ゆっくり発進、ゆっくり減速を心がける

ゆっくり発進することにより前後の車両が落ち着いて発進できるようです。

そして緩やかな減速により、後続車へ『追突しそう』という嫌な印象を与えずにすみます。

 

2、車間距離を十分に保つ

車間距離を空けることで急な割り込みにも、安全に対処できます。

 

3、道を譲る

後ろから付けられていると感じたら、すぐに道を譲りましょう。

そうすることでトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

 

・もし悪質ドライバーに遭遇したら?

 

1、危険な運転をされてもやり返さない

危険な運転をされると焦りと同時に、イラっとしてしまうのが人間です。

そこでやり返してしまうとトラブルの原因です。そんなときは1度深呼吸をし冷静に対処していきましょう。

 

2、安全な場所に逃げる。

一般道を走っているときは交番や近くのコンビニ、高速道路を走っているときは絶対に路肩に止めずサービスエリアなどに逃げましょう。

 

3、車の全ての鍵と窓を閉め、車から降りないようにしましょう

避難先まで追いかけてきて、暴言や車に対しての攻撃などには応戦せず、冷静に警察を呼びましょう。

そのときに相手のナンバーを残しておくのもいいと思います。

 

いかがでしょうか?

実際あおられたときの参考にして頂くと良いと思います。

 

万が一、ご自身や、身の周りの方が交通事故に遭ってしまわれた等がございましたら、

是非、お近くのメディカル・ケア各院にご相談ください。

経験豊富な専門スタッフがご対応させて頂きます。

自損事故をおこしたときは

2019.08.18 | Category: 未分類

おはようございます。月島治療院の石川です。

 

台風の影響からか体調を崩している方が非常に多いです。皆さまこんな時は無理せずゆっくりと休息をとり身体を回復させましょう。

 

今回は、以前もお伝えした事がありますが、改めて自損事故を起こしてしまった場合に、自分または同乗者がケガを負ってしまったとき自賠責保険は使えるのか?というところをお話していきたいと思います。

 

自賠責保険に関して使えるか使えないかで言うと自分のケガに対しては使えません。ただし同乗者に対しては適応されます。

 

そもそも自賠責保険とは、交通事故の被害者救済を目的としており、人身傷害に対し

一定額の保険金が支払われるものですので、運転者自身は保険金を受け取ることが出来ません。

 

このような場合ですと、運転手は自身の任意保険からの補償となります。

その中に「人身傷害保険」や「搭乗者傷害保険」というものがあります。

これはその車両に搭乗しているケガをした人に対し保険金が支払われます。

ですので、事故を起こした運転手本人も保険の対象となります。

ちなみに搭乗中とは走行している、していないに係わらず乗車してから降車の為に車外に足をつけるまでの間の事を指します。

 

同乗者に対しては交通事故の被害者という立場であるので、当然自賠責保険も搭乗者傷害保険も適用となります。

 

しかし、同乗者の場合運転手と親しい間柄だと「特別重症でもないし運転手に迷惑がかかってしまう」などと考えてしまい治療をためらってしまう方もいらっしゃいます。

 

特に、交通事故は完全に油断している状態で起きることが多いので、身構える事も出来ないうちに強い衝撃を受けます。

その時、痛みはあまり感じなくても時間がたってから徐々に痛みやしびれ、不快感が現れてきますので、症状が長引かないようになるべく早い段階で適切な処置を受けることはご自身の為でもあります。

 

一緒に車に乗っていると、あまり感じることがないと思いますが同乗者は被害者であるという事を覚えておいた方がいいと思います。

 

因みに物損事故であっても、警察に届け出の義務はありますので、「ちょっとこすっただけだし」とか「誰もケガしてないから」と思わず速やかに警察へ届け出て下さい。そうしないと「当て逃げ」扱いで罰則の対象となりますので気をつけてください。

 

夏休みもまだありますので、皆さまも普段から安全運転を心掛けて下さいね。

 

 

お盆休みは子供との事故に注意!

2019.08.05 | Category: 未分類

こんにちは。
青山外苑前治療院の小森です。

いよいよ待ちに待った夏休みシーズンですね。
車で出かける事も多いと思いますが、特に子供との交通事故に注意しましょう。

 

夏休み中は子供との事故が多くなっています。

最も注意したいのが、事故が発生しやすい時間帯です。

普段の中学3年生までの子供の交通事故は、14時~18時にその半数近くが集中しています。

この時間帯は下校の時間帯ですから、子供の帰宅時刻に事故リスクが最も大きくなると考えればいいでしょう。

しかし、夏休み中は事情が大きく異なります。
登下校が無くなるため、あらゆる時間帯に子供との事故リスクが分散することが予想されるのです。

つまり、普段であれば「この時間に子供は通らない」「この道路は子供がいない」と思う場所でも、子供が路地などから飛び出してくる可能性があるということです。

 

もうひとつ注目したいのが、子供との事故が起きやすいエリアです。
子供の交通事故は、その約6割が自宅から500メートル以内のいわゆる生活道路で発生しています。

夏休みになると、昼間の生活道路が小中学生の遊び場になっている可能性がありますので、

子供の存在に細心の注意を払い、慎重にハンドルを握る必要があるでしょう。

 

もうすぐお盆休みの時期になります。

車での外出予定がある人も多いはずですので、「子供がいつ飛び出してくるかはわからない」ということを想定し、あらゆる場所で細心の注意を払って運転することが事故を起こさない重要な点です。

 

それでは皆さん、安全運転で楽しい夏休みをお過ごしください❢

初めての施術の流れ