ホーム > Blog記事一覧 > 未分類の記事一覧

コロナ禍での交通事故

2020.05.18 | Category: 未分類

こんにちは。

月島治療院の石川です。

 

コロナ禍の中少しずつ日常を取り戻しつつありますが、まだまだ予断を許さない状況が続いています。

現在、新型コロナウイルスの影響で医療機関は逼迫した状況があります。当然救急医療で搬送される患者は新型コロナウイルスだけではありません。

脳卒中、心筋梗塞、くも膜下出血、急性大動脈解離、交通事故もこの中に含まれます。

もし三次救急医療機関に制限がかけられ受け入れ病院が見つからなかったら助かる命も助からなくなります。

※三次救急医療機関…

『二次救急医療では対応できない重症、重篤患者を24時間体制で受け入れ高度で専門的な医療を総合的に提供できる医療機関』

 

以前もこちらのブログで、外出自粛で交通事故が減少傾向にあると書きましたが、もちろんゼロではありません。交通事故も大小あり軽傷で済む場合もあれば一刻を争う事態になる事もあります。

「傷害事故」が「死亡事故」になる恐れもあり、搬送先が見つからず重度の後遺障害を残してしまう恐れもあります。

 

自粛期間中に海やキャンプ場などで「3密を守っているから大丈夫」と言っているのをTVのインタビューで目にしたりもしましたが、行き帰りの道中や現場での不慮の事故の事を考え、医療現場の事を少しでも想像出来たら、やはり緊急事態宣言が明けるまでは「ステイホーム」が最良の選択ではないのでしょうか。

 

当院は自粛の対象ではなく、通常通り診療しておりますので衛生管理を徹底し、地域の皆様の健康をサポートさせて頂く所存でございます。

 

悪質な交通事故が増えています。

2020.05.13 | Category: 未分類

こんにちは。青山外苑前治療院の小森です。

 

最近悪質な交通事故が増えています。

先日も中学生がひき逃げ事故によって尊い命を落としています。

 

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言のもと、自粛生活が続いていますが、

感染リスクの軽減や自粛生活によるストレス発散の為にハンドルを握るドライバーが増えています。

都心部では外出自粛の影響を受けて交通量が激減し、事故件数も減っています。

しかし、交通量が減っている道路でのスピードの出し過ぎが原因で死亡者数は増えています。

また休校の影響で日中は学校にいるはずの子供たちが外におり事故に巻き込まれるケースも増えています。

 

いつもと違う「非日常」を過ごしていることを念頭にリスクを軽減する行動を心掛けましょう。

事故に遭わないことが一番ですが、万が一不幸にも事故に遭ってしまった場合は

お気軽に弊社グループへご連絡ください。

交通事故専門のスタッフがおりますので早急にご対応させていただきます。

整骨院での施術に関しましては、資格者による施術の場合は医療行為として認められております。

また院内の消毒やスタッフの検温など、衛生環境への配慮はいつも以上に行っておりますので、

安心してご利用ください。

 

 

通常通り診療しております!

2020.05.02 | Category: 未分類

こんにちは株式会社メディカル・ケアグループです。

はじめに、新型コロナウイルスにより罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

早くのご回復を祈念させていただきますと共にくれぐれもお身体ご自愛下さい。

 

この度、政府より緊急事態宣言が6月1日まで延長されましたが、メディカルグループの治療院は引き続き通常通り診療致しております。

 

当院は交通事故のケガをはじめ、ぎっくり腰や骨折脱臼の応急処置などを行う施設となっております。また政府及び東京都が発表しました休業要請の施設にも該当しておりません。皆様の健康をサポートし、医療機関の負担軽減にわずかばかりでも助力させて頂く所存でございます。

より一層スタッフの健康管理、院内の細やかな衛生管理に努めて参ります。

 

これからもメディカルグループをよろしくお願い申し上げます。

外出自粛の効果で、交通事故件数が減少傾向

2020.04.25 | Category: 未分類

この度、政府より緊急事態宣言が発令されましたが、メディカル・ケアグループでは、地域の皆様の健康をサポートし、医療機関の負担軽減にわずかばかりでも助力すべく通常通り診療しております。

 

こんにちは、新橋汐留治療院の伊藤です。

 

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、不要不急の外出を自粛する動きが広がった影響なのか、交通事故発生件数が減少している事が警視庁の調査で明らかになりました。

 

3月の交通事故発生件数は20,763件で、前年同月と比べて5,932件減少。死者数は22人減少し239人、負傷者数が7,476人減少して33,433人。

 

交通事故件数は、1月が12.2%減、2月が8.7%減、3月が17.6%減でした。1日当たりの死者数も1月2月と8.5人だったものが3月は7.7人になりました。

 

新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、外出を自粛する動きが広がった事で、交通事故発生件数も減少していると考えられます。

 

また、政府が緊急事態宣言を発令した4月は、更に減少すると予想されます。

 

しかし、外出を自粛した事で通常の交通量は減少していると思われますが、自宅待機が増えた事で、宅配などの仕事が急激に増加し、運送業の車が増えたり、宅配ピザやUber Eatsなどの出前が増える事で別の交通事故が増える可能性も考えられますので、業務に携わっている方々は、くれぐれも注意してお仕事してくださいね…。

 

交通事故に遭ってしまったらすべき事

2020.04.18 | Category: 未分類

こんにちは、大森駅前整骨院の秋田です。

この度、政府より緊急事態宣言が発令されましたが、メディカル・ケアグループは地域の皆様の健康をサポートし、医療機関の負担軽減にわずかばかりでも助力すべく通常通り診療しております。

 

さて、だいぶ気温も暖かくなり過ごしやすくなって来ましたが、この季節は交通事故が増える時期でもあります。今回は交通事故に遭ってしまったら、まず何をしなけれはいけないのか6つ説明していきます。

 

1、警察に連絡

軽い事故の場合は、お互いが話を大きくしたくないとの理由で連絡をしないケースもあります。しかし警察を呼ぶ事は交通ルールの義務ですので必ず連絡をしましょう。

 

2、加害者の住所、氏名、年齢の確認

その他にも車両ナンバー、任意保険会社名、自賠責保険会社名なども確認します。

場合によっては警察が到着する前のやりとりなどを録音しておくと尚いいでしょう。

 

3、事故現場の記録をとる

警察が来たときに現場検証をおこないますが、予め車の損傷部位や周囲の状況などを携帯のカメラで撮影をしておくといいでしょう。

 

4、加入している保険会社に連絡する。

加入している保険の内容も一緒に確認しておくといいでしょう。

※「人身傷害補償特約」※「弁護士費用特約に加入していれば使用できる場合もあります。

※詳しくはまたの機会に説明します。

 

5、必ず治療院に行き体を診てもらう。

交通事故のお怪我は、はじめは症状が無くご自身では分からない場合があります。必ず専門家に診てもらいましょう。

 

6、交通事故証明書の交付を受ける。

自動車保険を使う際に必要になる書類ですので必ず申請しましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

既に知っているという方もいたかと思いますが、上文にも書いたように交通事故のお怪我は時間が経ってから症状が出てくるケースが意外と多い物です。

必ず専門家に診てもらう事をお勧めします。

メディカル・ケアグループには交通事故のお怪我に詳しく先生が各院に在籍しておりますので、お気軽にご連絡下さい。

交通事故治療はいつまで通えるの?

2020.04.09 | Category: 未分類

こんにちは!芝浦治療院の松本です。

コロナウィルスが蔓延していますので不要不急の外出は控え、換気の悪い密閉空間、人が密集する場所、密接した近距離での会話の『3つの密』を徹底的に避けましょう!

今回は自賠責保険の治療期間、つまり「いつまで通えるのか?」ということをお話しさせて頂きます。

交通事故のお怪我は、治るまでに時間がかかってしまうことが多いのですが、整骨院(接骨院)や病院で治療を始めてからある程度の日数が経つと、
保険会社から「もう○○ヶ月ですし、そろそろ治療を打ち切りにしませんか?」という連絡があります。

しかしその目安というのは保険会社側の過去の事例からの判断(保険会社都合)であって、公に治療期間に決まりがあるわけではありません。
なのにあたかも決まりがあるかのように
「自賠責保険の上限に来たので・・・」
と言ってくるところもあります。

確かに自賠責保険には「120万円まで」という上限額はありますが、たいていの自動車の所有者は、
万が一のため、任意保険で対人賠償「無制限」とか「1億円」というプランに加入しているはずですので、
決まった期間が経ったから打ち切りにするというのはおかしな話しですよね??

ですので安易には了承せず、しっかり治るまで通院してくださいね。
被害者にはそうする権利があるのですから。
(ただし加害者が任意保険に未加入だったり、ごくまれに強制保険である自賠責保険に入っていない、または切れていたりする場合は注意が必要です。)

治療を続け、しっかり症状を治していくためには、保険会社との交渉が必ず必要になります。
当グループの各院には経験豊富な柔道整復師がおりますので、治療だけではなく、その交渉のお手伝いも致します。
また、トラブルになりそうな場合にはご紹介できる弁護士の先生もおりますので安心してご通院ください。

花粉症が運転に及ぼす影響と対処法

2020.03.30 | Category: 未分類

こんにちは、月島治療院の川瀬です。

桜が見ごろを迎え、徐々にの訪れを感じてきましたね。

 

花粉症にも、交通事故を引き起こす要因があることをご存知ですか?

花粉症の症状には鼻がムズムズする、くしゃみが出る、目の痒みなどがあります。
日常生活でも支障をきたすのですから、当然、運転にも多大な影響を及ぼすでしょう。

本日は、花粉症が運転に及ぼす危険性や交通事故の例、その対処法について、お話しいたします。

 

運転中に起こる花粉症の危険性

花粉症は、運転中であってもお構いなしに襲ってきます。
適切な判断、集中力を要する車の運転には好ましくない状態を生み出します。

花粉症の影響で発生しやすい典型的な交通事故の例は、以下の通りです。

(1) 視野の低下

花粉による目の痒み、かすみ、涙目によって視界が確保できず、注意力が散漫になりがちです。

飛び出しや障害物を避ける際に遅れる可能性があり、信号無視や特定の場所で一時停止をしないなど、交通ルールを正しく守れなくなります。

(2) 突発的な交通事故

普段でも、くしゃみや咳は起こりますが、花粉症のくしゃみや咳は頻繁に起こります。

その際にハンドル操作を誤って路外に逸脱し、壁やガードレールに衝突してしまう危険性があります。

また、くしゃみや咳をした勢いでアクセルやブレーキを押してしまい前の車に追突する、後ろの車に追突されるなどの追突事故の発生も高まります。

(3) 居眠り運転

花粉症の薬を服用している場合、薬の種類によっては眠気をもたらすものがあります。

花粉症の症状は抑えられても、眠気によって集中力の低下、居眠りで交通事故を起こす危険性もあるのです。

 

当メディカル・ケアグループでは、東洋医学に基づいた鍼灸治療による花粉症の処置も行っておりますので、お困りの事があれば何でもお気軽にご相談下さい。

損害項目について

2020.03.21 | Category: 未分類

こんにちは!

青山外苑前治療院の小森です。

今日は交通事故における損害項目についてのお話です。

 

先日、青山外苑前治療院の患者様からご相談がありました。

内容は慰謝料について。想定していた金額よりもかなり少ないとの事でした。

詳しく聞いてみると、慰謝料から通院費用を引いた額が支払われると説明を受けたとの事。

実は最近こう言った説明で実際の慰謝料より低く見積もられるケースが散見されています。

 

一見正しく計算されていそうですが、賠償金は多岐にわたる損害項目ごとに細かく内訳が決まっているのです。

賠償金=慰謝料と思っている方も多いのですが、慰謝料は精神的苦痛に対する損害賠償金です。

損害項目というのは治療費・入院雑費・通院交通費・休業損害・傷害慰謝料・弁護士報酬・後遺症慰謝料・・・

と一度ではとても覚えられないくらい様々な項目に分かれています。

 

ここで、患者様から相談を受けた件ですと、慰謝料と通院費用という言葉が出てきます。

慰謝料は先ほども述べたように精神的苦痛に対する損害賠償金で、傷害を負ってしまったことによるものとして考えるので、傷害慰謝料と言われます。

計算方法はいろいろありますが、一般的には通院日数×規定の金額で表されます。

ここでの通院費用は治療費・通院交通費の事で、それぞれ別に算定され、その合算が賠償金となります。

 

もうお分かりですね?

 

患者様が説明されていた慰謝料から通院治療費を差し引いた分が賠償金ということは絶対に無いのです。

ちなみに患者様は保険会社に問い合わせをし、正しい金額が支払われることになりました。

 

本来、示談の後も障害が出るかもしれない、辛さが残るかもしれない。

その時の治療費として支払われるものが知らずに減額されていたら困りますよね。

正しい知識を身につけ、不当な減額をされないようにしましょう。

何か不安なことがありましたら、お気軽に当グループの柔道整復師にご相談ください。

メディカルケアグループ新橋汐留治療院 髙島院長が日テレ「スッキリ」に出演致しました!!

2020.03.11 | Category: 未分類

みなさん、こんにちは。千歳烏山治療院の山本です!

 

先日、当メディカルグループの新橋汐留治療院の髙島院長が日本テレビの「スッキリ」に身体についての専門家として出演致しました!!

やや緊張気味の高島院長(#^.^#)

 

テーマは、【肩こり】についてと一般的なからだについてですが、
専門家が実践するセルフケアなど
出演者の方にスタジオで実際に体験して頂いていました。

当メディカ・ルケアグループはメディアからも信頼が厚い治療院です。

交通事故のおケガに対しても手技をメインに丁寧にアプローチ致します。

交通事故のおケガにお悩みの方は是非お問い合わせ下さい!

スタッフ一同お待ちしております。

 

千歳烏山治療院
〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-15-10 NT千歳烏山2階
京王線 千歳烏山駅 徒歩1分
TEL:03-5969-8777
URL:http://chitose-karasuyama.com/
インスタ:https://www.instagram.com/chitosekarasuyamachiryoin/
平 日:10:00~22:00
土・祝: 9:00~19:00
日 曜:  休 診

 

 

交通事故の発生が多い3月、安全運転を心がけましょう!

2020.03.05 | Category: 未分類

こんにちは。新橋汐留治療院の伊藤です。

 

今年は暖冬で、例年の冬より暖かい日が続いているようですが、やっぱりまだまだ寒いですよねー(笑)。

 

3月に入り寒さが日に日に和らぎ、日差しが暖かくなってくる今日この頃。

 

本来なら新年度に向けて忙しくなるこの時期…。

 

今年の3月は例年とは違い、コロナウィルスの影響で学校は早期休みになり、コンサートやイベントは続々と中止になり、大手企業は在宅勤務など、東京の繁華街は、閑散とした状況が続いております。

 

大変な年になってしまいましたね…(;^_^A

 

通常なら、暖かくなると騒がしくなるのが花粉症です。花粉症は、目がかゆくなったり鼻水がでたり、イライラの原因になります。また、花粉症の薬を飲むと薬の副作用で頭がボーっとしたり眠気が起きる場合があります。

 

更に、ポカポカ暖かい日差しで眠くなることも…💤

 

最近ニュースなどで、高齢者による加害事故の報道が目に付く昨今ですが、実は免許取りたての10代の若者が起こす事故の比率の方が、表情に高いのが現状なんですけどね。

 

3月は、車を運転するには注意しなければならない危険が多い月なんです。

 

今年の3月は、コロナウィルス騒動で、人込みを避けるために公共交通機関を避け、車で移動をする人が増えるかも…?

 

車を運転される方は、くれぐれも注意してくださいね。

 

何か、お身体で不安なことや、交通事故に遭ってしまったがどうしたら良いか分からないなど・・・。

 

ぜひ当メディカルグループにお問い合わせください。

 

各院には経験豊富なスタッフがそろっております。

 

お気軽にお電話にてご相談ください。

初めての施術の流れ